以前はOctopressでブログを書いていたのですが、sassが大変なカオスとなっており、少しのデザイン変更も一苦労する状況になってしまっていました。 今度は自分の頭に収まるような構成にしようと思い、Jekyllを直接使うことにしました。

セットアップ

ローカルで動かすまでは非常に簡単で、http://jekyllrb.comに書いてある通りの僅かなコマンドで完了です。 GitHub Pagesに上げる操作はhttp://jekyllrb.com/docs/github-pages/を参考にしました。 以下のように書かれていたのでjekyll newで作成されたディレクトリをgit pushしました。

Content from the master branch of your repository will be used to build and publish the GitHub Pages site, so make sure your Jekyll site is stored there.

良いところ

  • プレビューの作成が軽い
  • テンプレートが小さいので編集しやすい
  • markdownの編集とgitの操作だけで済む

これらのおかげで何かがおかしくなってもすぐに対処できそうです。