普段はObjective-Cしか書かないのですが、podspecやPodfileやRakefileを書くときにちょっとだけRubyを書く機会がありました。 Rubyは初心者にも優しい言語ということもあって、いままでは適当に他のコードを真似しながら書けていたのですが、 さすがにそういう状態を続けるのは良くないなあと思い、連休中にRubyを勉強することにしました。 プログラミング自体は職を得る程度には習得しているし、特にRubyで実現したいものがあるわけではないので、本を選ぶ上では以下の2点を重視しました。

  • プログラミング自体の初心者向けではない
  • 言語の解説に集中している

“初めてのRuby”はこの2つを重視する自分にとってはとても良い本でした。 言語を理解する上での要点が高い密度でまとまっており、連休中に読み終えるには適したボリュームだと思います。