最近、Travis CIがiOSのビルドに対応したようです。
Introducing Mac, iOS and RubyMotion Testing on Travis CI

なので、早速拙作のISRefreshControlに導入してみました。
ISRefreshControl

Build Status

導入手順

驚くほど簡単で、基本的には以下の2つだけで導入完了となります。

  • .travis.ymllanguage: objective-cと書く
  • Travis CI上でリポジトリを選択する

デフォルトのビルドスクリプトにはobjc-build-scriptsが採用されているようです。
もちろんカスタマイズも可能で、ISRefreshControlではMakefileを書いてそちらを使っています。

依存関係はPodfileを書いておけば自動的に解決されます。
CocoaPods以外の方法も.travis.ymlにスクリプトを書けば利用できるようです。

詳細は公式ドキュメントを参照してください。
Travis CI: Building an Objective-C Project

Podfileを書く

依存がある場合は書きます。
ISRefreshControlはISMethodSwizzlingとKiwiを利用しています。

pod 'ISMethodSwizzling', :git => 'https://github.com/ishkawa/ISMethodSwizzling.git'

target :ISRefreshControlTests, :exclusive => true do
    pod 'Kiwi', '~> 2.0.6'
end

Makefileを書く

xcodebuildでビルドしてテストを実行してね”って書きます。
GCC_PREPROCESSOR_DEFINITIONSISRefreshControl固有のものです。

test:
	xcodebuild \
		-sdk iphonesimulator \
		-workspace ISRefreshControl.xcworkspace \
		-scheme ISRefreshControlTests \
		-configuration Debug \
		clean build \
		ONLY_ACTIVE_ARCH=NO \
		TEST_AFTER_BUILD=YES \
		GCC_PREPROCESSOR_DEFINITIONS="IS_TEST_FROM_COMMAND_LINE=1"

.travis.ymlを書く

script:にmakeを利用するように書きます。
script:を書かなければobjc-build-scriptsが利用されます。

language: objective-c
script: make test

リポジトリを選択する

Travis CIにGitHubアカウントでログインし、リポジトリのスイッチをオンにします。
すると、コミットフックがTravis CIに飛んでいき、自動的にビルドされるようになります。

ビルドログを見る限り、Kiwiのテストも実行されているようです。

Test Suite 'ISRefreshControlSpec' finished at 2013-04-14 07:57:09 +0000.
Executed 25 tests, with 0 failures (0 unexpected) in 0.318 (0.327) seconds

以下のようなStatus Imageというよくあるやつも提供されています。

Build Status